赤べこ家のまるごと

婚活に育児に介護に夫婦ゲンカになんでもさらします。

遠慮や謙遜や気遣いやおべっかが時に煩わしかったりする

私は次男の嫁です。

長男は独身

長女は嫁いでいて

三男も結婚しているので

比較的気を使われる立場ですが私はそこそこ仲良くやれてるな、と思ってます。

 

この夫助きょうだい+その旦那・嫁・子供がウチに集まることも増えてきました。

じい助とばば子に会いにくるんですね。

 

全員揃うと大人だけで9人です。

子供が各自2人ずついますので6人。

 

わちゃわちゃします。

 

バラけて来てくれたら、悩むことは何も無いんですが仲良しきょうだいは揃いたがるんですね・・・

いや嬉しいことです、賑やかだし、じい助もばば子も喜ぶし

行きたくない家って思われるより全然いい。

 

人が集まれる家にしたかったので

焦って中古一軒家を買った甲斐があるってもんです。

 

それにしても人数が多い・・・

 

この人数の胃袋を満たせるほどのキッチンスペースが、料理の腕前が、ない。

それが専らの悩みです。

 

なので大概、カレー、シチュー、ビーフシチュー、ハヤシライス、大鍋でドカンと作れるもの。

すでに1周しましたし毎回ルーものもね・・・

 

先日集まった際にも今日はどーしようかと悩んでいたところ

三男嫁が『最近肩こりがひどくてさ~』と言い出しました。

マッサージ行きたいよね・・・でもなかなか行けないよね~

と私が話を広げると

 

長男が『スーパー銭湯行くか!!』

と言い出しました。

 

(-ω☆)キラリ

 

乗らない理由はない。

そして私は行かない。

なぜなら

ブログ書きたいから。

 

じい助を1人家に残して風呂やマッサージを満喫するなんて気が咎めるなんて理由じゃありません(ばば子はまだ入院中)

 

スーパー銭湯ですから、ご飯も食べられる。その分更に時間食う。すごくステキ

 

長男たまにはイイこと言うじゃない?!

 

 「行っておいでよ~!あそこマッサージ安いしご飯もおいしいよ!」

安いのかおいしいのか知らないけど。

f:id:akamarugo:20190328213759j:plain

 

「・・・え、べ子ちゃん行かないの?!」

 

実を言うと、もう一つ行きたくない理由があります。

それは夫助妹と三男嫁がスタイル抜群だから。

私だけタレタレのシオシオだから。

 

夫助妹はボンキュボンのクセにおつぱいキレイで

三男嫁は胸は無い(失礼)けど何その足の長さ・・・

 

以前行った時は、逃げる兄助を抱きしめて離せませんでした。

兄助を取り逃がした際は

40代のおつぱいの黒ずみをつまんで、干しぶどうネタでおちゃらける侘しさよ。

 

「ベ子ちゃん行かないなら私も行かない!」

兄助妹が言い出しました。たぶん、じい助を気遣っていると思われたんでしょうね。

 

いやいや気にしないで~!たまには羽伸ばしておいでよ!

兄助妹「いや!行かない!」

 

いやいや私行こうと思えばいつでも行けるしさ~

三男嫁「いやいやべ子ちゃんこそ羽伸ばす時でしょ!」

 

妹1「いやいや」

妹2「いやいやいや」

私「いやいやいやいや(; ̄V ̄A」

 

頼む 行ってくれ
ぼくらのために行ってくれ
行けナウシカ行けー

→ここで絶対ネタにしようと思った

 

「じゃあ!妹子(2)も連れてって!それで手を打って!」

是が非でもスーパー銭湯に行っていただきたく私も必死

 

それに妹子はまだオムツなので、前回も男女で交代で入りました。

更に時間かかること間違いない。

 

我ながら良い作戦

 

交代で風呂入り、マッサージをし、ご飯食べて~

・・・3時間はいけそうだぜ・・・

 

こうして夫助きょうだい御一行は風呂やらマッサージやらを満喫し

私はブログタイムを満喫できました。

 

戻ってきた三男嫁が、兄助妹のおつぱいを称えてました。

「形いいよね、大きいのに羨ましい」

すこぶる機嫌の良い私ものっかりました

 

すると留守番させたことへの罪悪感と謙遜からか

「べ子ちゃんだって足首超キレーじゃん!」

フォローさせてもらうと、自分の足首が寸胴だから羨ましく思ってるよってことらしい

 

2回言う

遠慮や謙遜や気遣いやおべっかが時に煩わしかったりする。