赤べこ家のまるごと

婚活に育児に介護に夫婦ゲンカになんでもさらします。

子供の名前を決めたときのこと

夫助は人生で1番頭を使った、と言います

子供たちの命名。

私は独身の頃から、もし子供ができたら名前は旦那に名付けてもらう、と決めていたので

託しました兄助も妹子も。

 

父親って、子供が大きくなった時に疎外されやすいというのが私のイメージにあったから。

でも大きくなった時に

「アナタの名前は父ちゃんがそりゃあもう一生懸命考えて付けたんだよ」

って事実があれば、家族の輪に入れるかなって。

もっともらしく言いましたが丸投げしました。

 

だけど1つだけ条件を出しました。(丸投げしたくせに)

『ネイティブな人に呼ばれても変じゃない名前』

 

別に子供をネイティブにしたいとか

世界進出狙って欲しいとか考えている訳じゃないんです。

 

中学生の頃、初のアメリカ人英語講師が来た時にクラス全員習いたての英語で自己紹介をする、という授業がありました。

 

私の名前はネイティブには発音しづらかったらしく、恐ろしく面白い発音で返ってきました。

例えば

アップル、という名前なのにアポー

パイナップル、という名前なのにパイナポーみたいな・・・

それがあだ名になったんです。

今でもそのあだ名で呼ばれます。

 

夫助は考えました。

姓名判断もしっかり確認し

苗字とのバランスや

画数が多くなり過ぎないか

将来名前の由来という作文を書く時に備えて、漢字の詳細も調べ上げました。

そしてネイティブOKの縛り。

f:id:akamarugo:20190307225225j:plain

大変お疲れ様でした。。。

 

そしたらキラキラネームではないですが

あまり聞かない名前で漢字も当て字ぽくなってしまい

無いとは思うのですが万が一バレたら切腹ものなので

ここで名前を出せないのが悔やまれます・・・

(赤べこ家の苗字もハンコは100均に売ってない)

 

それが私の母の琴線に触れました。

 

夫助はギリギリまで悩んでいたので、出産後もまだ決定しておらず

産院で第一候補に上がっている名前を、見舞いに来た母にとりあえず報告したところ

 

ホヤホヤ兄助の頭上で烈火のごとく猛反対する母・・・

 

反対理由を聞くと、濁点が付くから。漢字に動物の文字が1部入っているから。

と納得しがたい理由でした。

 

「私がどんなにこの濁点付く名前が嫌だったか!話したでしょお?!それに人間さまの名前に獣(ケモノ)の文字いれるなんてぇ!」

 

じーちゃんばーちゃん、聞いた?!今の聞いた?!

動物の漢字が名前に入ってる皆様に謝れ

濁点付いてる名前の日本中の皆様に謝れ

 

帝王切開で腹も痛いし

特段、母の反対も気に留めませんでした。

何にしたってケチ付けると分かってたから。

「ばぁばにお名前つけてもらおうね~」

とかにしないかぎりは。

 

母がユパ様級の賢者なら委ねたかもしれないけど~

 

私は夫助がどれだけ考えて調べて悩んでいたかを見てきたから、夫助がこれと決めた名前ならそれが一番だと思ってます。

 

赤子を前にあーでもないこーでもないと更にその名前にケチ付けているところに

親友の魔子もお見舞いに来ました。

 

私の母とも、魔子は長い付き合いで扱いもベテランです。

 

「魔子ちゃん言ってやって!この子たち子供に〇〇なんて名前付けるって言うのよ!うんたらかんたら。説得して!」

「アホらし」←ホントにこー言った

 

魔子はうんちく王です、愛読書が三国志でよかった。

 

「悪魔とかって名前付けようとしてるなら私も止めるけど。いい名前だと思うしおばちゃんのその言い分全く理解できない」

 

「おばちゃんな?三国志ではね、馬超っつー名前の将軍がな、うんぬんかんぬん、こんな凄い人だって濁点付くし馬って漢字だよ、それにな日本人ではこんな人がうんちくうんちく」

 

母黙る。

魔子と三国志の馬超とかって人物により、第一候補の名前が兄助の名前となりました。

 

もう作文には「魔子と馬超がボクの名付け親です」くらい書いてもいいとおもう。

 

妹子の際にも、同じことが起こったのですが省略

一応反対理由だけ。

「ん」が付くから。ビリっけつの文字を入れるなんてぇ~!ってことでした。

 

「ん」がつく全地球人の皆様に謝れ。

星野源に特に謝っておくれ(# ゚Д゚)!!!